「ほっ」と。キャンペーン

Vol 5

c0197842_15141436.jpg
c0197842_15352286.jpg
c0197842_1543432.jpg
c0197842_15444834.jpg
c0197842_15455733.jpg
c0197842_15471129.jpg
c0197842_15483195.jpg
c0197842_15502741.jpg
c0197842_15513294.jpg

[PR]

# by takukafi | 2012-06-21 00:00 | News Letter  

極寒のさよならBBQパーティー

c0197842_7262294.jpg


2011年3月から、インターシップ・プログラムという海外研修プログラムを通して、日本の文化をフィンランドの子供達に伝えるボランティアとして、ここに滞在されていた幼稚園、小学校、中学校、高校の先生方が、いよいよその任期を終えて、日本へ帰国される日が近づきました。日本での震災があった直後にフィンランドに到着され、被災地のためになにかできないだろうかという思いが、ここで暮らす私達の絆をより一層深く結びつけました。4月イースターの吉村美穂さんのチャリティーコンサートに始まり、私の夏の被災地ボランティア報告、そして、11月のクリスマス・チャリティーのイベントと継続的に被災地への思いを形にしてきた一年でした。

c0197842_7235492.jpg


私達は、この北極の地へ神様が送られてくる人たちとの出会いをとても楽しみにしています。おひとり、おひとりが、とても多才でユニークで、そのタラントを思う存分に発揮してくださいました。そして、またフィンランド人やフィンランド社会との出会いを通して、キリスト教を土台とした世界を体験をされ日本にはない豊かさを感じとられた事と信じます。イエス・キリストという神と人との関係を回復された方を私達が、主としてあがめ従う時、主が、神と人、人と人の隔ての壁を破るものとして私達を用いて下さるという特権に預かる恵みを受けていることを感謝します。

c0197842_7315029.jpg


これらのイベントに限らず、日常生活の中で互いに必要としている物事を、分かち合い助けあう、そんな小さな共同体のようなものが出来上がってきたのも嬉しいことでした。共に生活する中で、少しでも主イエスキリストの香がただよい、主の救いが出会った人々の上に注がれんことを祈ります。そんなわけで、このお別れパーティーは格別なものがありましたが、涙の別れというよりも、爆笑にあふれ再会を約束する新しい門出のパーティーとなりました。ちなみに、この週は、マイナス20度を超える世界が2週間近くも続き、その中でバルコニーでバーベキューという初の試みでしたが、肉焼き当番をしてくれたJさんは、翌日から高熱を出してダウンとなりました。 ちょっと無謀だったかも・・・・
c0197842_84016.jpg

[PR]

# by takukafi | 2012-02-18 00:00 | Happening  

母教会でのクリスマス礼拝 

私達の母教会は、四国、さぬき市にある。今年からスタートしたサンタ・プロジェクト(サンタやフィンランド人コーラスとともに被災地を巡り、子供達を励ます事を目的としたもの)のために日本への帰国が決まったが、その機会を利用して母教会のクリスマス礼拝に集う事が出来た。

c0197842_1356328.jpg


チャペルに暗幕が張られ、舞台が設営され芝居小屋と化した。登場人物も裏方もほとんどの教会メンバーが参加し、様々な創意工夫がなされたとてもユニークな礼拝だった。ここでその様子の一部を紹介します。

c0197842_1358127.jpg

            ヘロデ王とその悪の力に縛られてかしずく女奴隷


c0197842_1453953.jpg

         マリアにイエス様の誕生を告げる御使い  ハンドベル賛美

c0197842_1428723.jpg

                星に導かれる東方の博士たち     

c0197842_14574652.jpg
             
             ヘロデ王のところへやってきた3人の賢者

c0197842_1535689.jpg

            ヘロデ王の召使いから接待を受ける東方の博士たち

c0197842_14104041.jpg

          ちゃんちゃんこを着たイエス様の誕生とその母マリア・父ヨセフ

c0197842_14141384.jpg

             救い主の誕生をほめたたえる  まちびと達


そして・・・タイムトリップをして現代へ・・・          

プレイズ&ワーシップタイム

メッセージ 水村 光義 題名: 「上を向いて歩こう 」  

聖書箇所 : マタイ 2:1~12 (p、2)

暗唱聖句 : マタイ 2:11 

         『そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、
          宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。』

適用 :    ①人生の巡礼は終わりましたか?            
         ②日々主を仰いで礼拝の生活を続けましょう

c0197842_14151145.jpg


何がすごかった~て・・・

誰一人お客さんがいなかった事
皆が、もてる賜物を捧げた事・・・そして、
イエス様を知らない人も参加できた事
すべてが手作りで・・感動した! 

これって、「7つの教会の本質」 
1、関係、 2、参加 3、能力付与 
4、イエス中心 5、伝道増殖 
6、ネットワーク 7、適応可能な構造

を実践した結果なんだろうな~ 
体験型学習者の私には良い学びでした。

ハレルヤ!
[PR]

# by takukafi | 2011-12-25 10:00 | Happening  

Vol 4

c0197842_5133342.jpg
c0197842_515170.jpg
c0197842_5315886.jpg
c0197842_5333442.jpg
c0197842_5352749.jpg

[PR]

# by takukafi | 2011-12-24 00:00 | News Letter  

日本滞在の恵み

今回の日本滞在の目的は、二つ。一つは、震災地へのボランティア奉仕、一つは、イッピー・ミュージック・ヴィデオ制作のためです。私達の神様は、とても素敵でユニークな方です。それは、いつも私に与えられたミッション以上のサプライズをなされるからです。ここに神様が、下さったとっても素敵な恵みのエピソードを紹介させていただきます。

信仰のチャレンジ
今回の滞在の多くの証の中で、一番、私にとって心に残ったのは、「義人の祈りは働くと、大きな力があります」という御言葉を体験したことです。ミュージック・ビデオの台本を読んだ時点から、学校撮影は、チャレンジだと分かっていました。「不可能を可能にする神」「神に不可能なことはないのです」・・・この映像は、「日本の学校の中で、聖書の真理が解かれる時、この国は大きく変わる。いや、いずれその日が来る」という預言的なものだと私はとらえていました。しかし、目の前の現実は、廃校ですら「特定の政治、宗教団体に学校を貸さない」という規定がありロケのために借りることができず、撮影1週間前になっても場所が決まらないというものでした。私の心は、あせりと現実へのいら立ちの中、問題解決に集中したいと願い、その思いにとらわれていきました。しかし、その思いとは裏腹に更に次々と訪れる予期せぬ奉仕の数々で、私は、主の働きに押しつぶされそうな思いで、主の前に出て憐みを乞いました。そして、その時に与えられた御言葉は、「人の心には多くの計画があるが、主の計画だけがなる」というもので、私は、問題を解決しようと集中するがあまりに問題に囚われるものとなり、主の介入があることを信頼することができない状態になっていることに気が付かされました。そして、祈りの中で、自分の計画を一切主にお委ねし、私に与えられた一つ一つの事を丁寧に向き合いうことを主に前に告白しました。そして、期限が迫る中、ある姉妹が「どう?」と声掛けをしてくれ、事情を説明し二人で涙ながらに主の御前にへりくだり、助けを願い出ました。そして、その数時間後、ほぼ無理かと諦めかけていた学校の撮影許可がおりそうだという吉報が訪れ、翌日、ロケハンがなされました。
 「信仰があれば、主が必ずしてくださる。」と言うのは簡単です。そして、自身でそれを今まで体験し、主を信頼していても、実際にその現実の壁の前に立たされる時、生きた心地がしませんでした。しかし、主の御前に遜り、自分の心のあり方を悔い改め、憐みを願い出た時、主はその祈りに速攻で答えてくださいました。
 この体験は特別なものがありました。祈りこそ力である。絶えず祈りなさい・・・この御言葉が私に受肉化しますよう・・・まだ、制作費の捻出といった大きな山が動いていませんが、イエス様が教えてくださったように「まことに、あなたがたに告げます。もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ、いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、たとい、この山に向かって、『動いて、海にはいれ。』と言っても、そのとおりになります。」・・・今、イエスキリストの御名によって、私達の目の前にはだかる山よ、海に入れ! アーメン

c0197842_6433625.jpg


家族との時間
今回の旅で、主が特別に私に報いてくださったのは、東京での父との時間でした。以前から学びたいと願っていた「日本人のルーツ研究セミナー、第4回 神道、仏教、と古代キリスト教」 久保有政氏のセミナー、VIPクラブの主催に父と参加できた事です。父は今、ドンキ・ホーテ、カント、孔子と独学で雑学に励んでおり、このセミナーのテーマは父にとっても良い刺激になるのではないか、また80歳を前に父との時間があまり多く残されていないと思い、よい時間を過ごしたいと祈り求め、参加を呼び掛けたところ二つ返事で承諾してくれました。東京の父の常宿のホテルで待ち合わせ、セミナー会場のお茶の水へ、私はこの地で二十歳の頃、報道カメラマンになる為の学びをしており、青春時代を思い出しました。こ洒落たイタリア料理店で、ワインと軽食を楽しむ嬉しそうな父の笑顔、翌日の国立美術館でのパウル・クレー絵画鑑賞等々、その全てが言葉にならない良質の時で神様に心から感謝します。そして津田滞在の最後に妹の子供が、私を訪ねてくれた事がとても励みになりました。そこでも神様が、DJの賛美集会、無人島探検、屋島観光など、教会の多くの兄弟姉妹を通してイエス様の愛を彼に注いでくださったことが、とても大きな祝福であり報いでした。あまり家族について、祈ってこなかった私ですが、主が憐みをかけてくださっている幸いを感謝します。末筆ですが、この宣教の働きを多くの祈りを積み、心を一つにして支えてくれたフィンランドの兄弟姉妹、そして尊い捧げもので働きを支えて下さった団体、個人の方々に心から感謝申し上げると共に、主が、豊かに其々の方を祝してくださいますよう。    栄光在主  たくみ

c0197842_6405683.jpg

[PR]

# by takukafi | 2011-08-31 00:00 | Whisper