「ほっ」と。キャンペーン

Rejoice in the Lord!!

c0197842_2031581.jpg

       ハレルヤ! ついに3年越しの願いがかないました~~

2010年スペイン・キリスト者の集いでのゴスペルワークショップのあの感動をもう一度と願い、待ち続けたその時を父なる神様が、かなえてくださいました。 

さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。
天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。  詩編134


事のおこりは、2007年2月ロシアへの短期宣教がきっかけだった。その時に出会ったある牧師と同じヴィジョンを共有した。「北極から主に賛美を捧げ、天を開きその祝福を地球に流す。その祝福は、エルサレムへと流れる」というものだ・・・私は、賛美が大好きだが、自分で奏楽はできないし、この壮大なヴィジョンを素晴らしいな~とは思ったが、現実的になにをどうしようという思いにはならなかった。そして2010年、スペインでの集い「ゴスペル・ワークショップ」の感動を冷めやらぬまま・・・あのヴィジョンを思い出した。しかし、私達北極圏に暮らす日本人は、かなり少ない・・・無理だ。 神様、無理ですね~と言ったとたんに、「いや 日本人である必要はない。英語での賛美だから・・」このロヴァニエミは、人口6万人、サンタクロース村で知られる観光都市だが、様々な人種が暮らしている。そうか・・・英語で賛美だから大丈夫・・・と思った。

c0197842_2048614.jpg
このスペインでの集いの祝福はそれだけではない、この感動をシェアリングると同時に祈り会が始まった。
神様は、凄い方だ・・・こうして、全てを備えられる。そして、昨年2012年、スペインのゴスペル・チームが小夜さんを招待したいという話があり、それに便乗しないか?という提案が持ち上がった。便乗したい気持ちは、200%しかし、教会のメンバーは少ないし、そんな予算はどこにもないし・・・あ~~神様と祈った。

そして、クリスマスの25日 Holly Messuという英語の礼拝に聖書朗読の奉仕者として呼ばれた。そこで、初めてであった牧師がサリであった。素晴らしい英語での独唱賛美に・・あ~神様が、やはりここで賛美w求められている。と礼拝後にサリに相談を持ちかけた。即答で・・・手伝うよ!と言ってくれた。
そして、更に今年に入り、近郊の村でマレーシア、タスマニア、ニュージーランドからの賛美チームが訪れて、賛美集会があった。 やはり神様は、この地で賛美をされるように私以外の人達にも呼びかけていらっしゃると確信した。 しかし、実際の具体的な段取りを聞くうちに、やはり現実的に人材、経済どうみても、無理だという思いが襲ってきた。そして、あきらめようと決意した祈り会の中で主は、語られた。「互いに愛し合いなさい」
と・・そして、コアとなるメンバーが、不思議な形で集められ、3月練習がスタートした。

c0197842_20402494.jpg
正にAll Nations... アフリカ、フィンランド、オーストリアン、ジャパニーズ、ロシアン・・・一瞬 イランのメンバーも加わった。でも英語ができないと言ってやめてしまった・・・ これが、一筋縄ではいかなかった。 しかし、神様は、一人一人ユニークで高価な異なる存在を集めて整えられる。何度か、「もうダメかな~」と思う時があったが、しかしイエス様ご自身が、愛を示され、臨在され、賛美される方なので、それが消滅するわけがない。暗闇は、なんどもこれを阻止しようと、兄弟姉妹の間に入り込もうとした。しかし、主はいつも破れ口に立つものをおかれた。中でも、このワークショップと収穫祭の主旨が、なかなか伝わらないところに苦労した。

しかし、いつも主を見上げれば、そこに賛美が生まれる。御霊が、悔い改めと愛を与えてくださる。いったい最終的に、何人の人が集まるのか全く読めない状態でスタートしたが、以前、ブラジルのスラムで奉仕をしていた親友が南からかけつけ、また、私達の教会の愛するが姉妹が、日本へ帰国することになり、そのお別れ会をかねて、ヘルシンキから友人たちが駆けつけてくれた。

c0197842_2051599.jpg
c0197842_20522776.jpg
c0197842_2053952.jpg


教会でのコンサートだけでなく、アウトリーチ、また礼拝での賛美に用いられた。これも、願い祈り求めてきた事だが、全てを自分たちでオーガナイズするのは、大変な事だが、神様は凄い!アウトリーチは、救世軍のアウトリーチに参加させて頂き、礼拝特別賛美は、ルーテルの「トーマス・メッズ」でさせて頂いた。この時は、ソプラノが、一人もいないという大ピンチであったが、メグさんや急きょアルトのメンバーがソプラノへ、またその娘さんが練習に来ていて賛美を口ずさむことができたので飛び入りの参加になった。
ハレルヤ・コーラスが始まると神様の臨在よろこび きよさが、そこに現れ、多くの人が席を自然に立ち、賛美を始めた。こんな光景は、今まで見たことがなかったが・・・それは、まさに私達の力ではなくて、神様がご自身が、かけだらけの器である私達を用いて、その栄光を現して下さった瞬間だった。

c0197842_2131582.jpg

c0197842_214146.jpg

c0197842_2144233.jpg
c0197842_2153131.jpg


私達は、今「教会の7つの本質」を学んでいる。 何がなくても日頃からの関係重視、2番目は、誰もが高価で尊い存在として参加できること、そして3晩目は、その一人一人が主への献身を持って、仲間のうちで整えられていく事、4番目は、何がなんでもイエス様中心である事。つまり、プログラム中心だったり、教会中心だったり、リーダー中心だったりすると何かがぎくしゃくする。そして、神様の心である5、伝道。救いへ人々を導く、そのためには、6、多くのキリストの体、教会とつながる事・・・また、適応可能な構造が7つ目に大切な事である。

この本質を適応しながら、今回の賛美集会の立て上げを意識してみた。ルーテル教会の建物が、ワークショップ・コンサートに用いられ、アドベント教会は、私達の練習のために場所を提供してくれた。ある兄弟は、PAを担当し、ある姉妹は、宣伝広告を担当した。さて、この賛美集会の目に見える祝福は、一人の日本人姉妹が、救われた事だ。そして、このクワイヤーが細々ながら続いている事だ・・・イヴェントとして終わるのではなく、私達の人生と教会成長につながっていくことを祈るばかりだ。 栄光在主 
[PR]

# by takukafi | 2013-05-25 19:48 | Happening  

ラップランド滞在の恵み

今年2月のサンタプロジェクト報告会に飛び入り参加してくれたベルリンからの訪問者、広津孝平さんからのお便り・・・昨年 中岡梓さんと結婚されて、新婚旅行に極寒の北極圏へ来られた。・・・孝平さん自身が、東北八戸の出身で、この会の中で被災地であるものの、被災のひどい所を優先するため、なかなか、援助が届いていない話をしてくれた。その発表が、集まったフィンランド人、日本人の友達の心を打った。私達に何ができるわけではないけど、でもその思いを祈りにして、全能の神様にお願いすることはできる。ここに、孝平さんからのお便り紹介します。
c0197842_18351879.jpg

c0197842_18464117.jpg

滞在中、二人のお誕生日で、同時にろうそくを消す瞬間ですが、孝平さんが息を吸っている間に、妻、梓ちゃんは既にろうそくを消してしまうという良妻ぶり?・・・・なかなか、将来が楽しみなカップルです。主の祝福が共にありますよう!
[PR]

# by takukafi | 2013-04-04 18:25 | Whisper  

東日本震災を覚えて・・・ サンタ・プロジェクト報告・

c0197842_18512380.jpg


まもなく2011年の東北震災から3年目を覚える日がやってくる。そこで、私達は、被災した方々を覚えて、仲間たちと小さな集まりを持った。2011年から、サンタ・プロジェクトに参加しているが、フィンランド人の仲間たちとその旅の感想、体験を分かち合い、そして小さな祈りをささげることを目的としている。
c0197842_18524456.jpg

今年で2回目だが、今回は、ロヴァニエミ市長のエスコ氏もプライベートな時間を割いて参加してくれた。いつも素敵な歌声を聞かせてくれるベルカントの仲間達は、風邪をひいたり、家族の用事で参加できなかった人が多かった。このプロジェクトは、ロヴァニエミ市が協賛という形をとっているが、皆、被災地へ訪れるメンバーは、仕事を休んで犠牲を払っての参加である。市長は、公務という事になるが・・・それにしても、気負うことなく、気さくなエスコだが、今回の日本ツアー、またこの会のスピーチを通訳するたびに感じるのは、彼には心があるという事。言葉が、単なる社交辞令ではなく、自身の心から発せられていると感じる事だ・・・
私達は、この数年、教会の本質を学んでいるが・・・「あなた自身が、教会・・・だから、あなたの関係する人々と、主にある信頼関係をきずき、その場所を教会(神の家族)コミュニティーとしない」と教わり、これを目指している。そういうわけで、私は、この集まりが、単なる社交辞令やイベントに終わらず、心から東北の痛み、悲しみ、喜びを分かち合える時とし、また出会いつながり、神の家族が広がっていく事を願い祈り備えてきた。
c0197842_18564544.jpg

そんな中、今回は主が、特別なゲストを送って下さった。ベルリンから、広津梓さん(旧姓:中岡)が、ご主人の孝平さんと一緒に参加してくれた。彼らは、新婚旅行に北極圏を訪れたいというわけで、このカーモスという一番、寒くて暗い時期にこの地を訪れたが・・・まさか、ここで歌を披露し、孝平さん自身の被災体験を語る事になろうとは、誰も考えていなかったと思う。梓さんとの出会いは、欧州の集いで同室になったことか切っ掛けだが、年齢も違う私達の距離が一気に近くなったのは、彼女の出身大学が、私の出身高校の近くだったというたわいもないことからだ・・・
c0197842_1925182.jpg

また、私達は、フィンランドに1年間の留学やインターシップで在住する日本人の仲間達にイエス様を知ってもらいたくて、よく集まるが・・・その仲間達も集まってくれた。特に千葉大学の山田早紀さんが、梓さんの伴奏をしてくれた。しかも、事前の練習は、ほんの1時間という中で・・・私達の教会の中には、奏楽者がいない・・祈り求めているが・・・しかし、神様は、凄い! こうして本当に必要な時に必要な人を備えて下さっていた。また、食事の用意も信仰の家族が、力を合わせてその準備をし、留学中の仲間達は、宴席の準備とかたずけを手伝ってくれた。そして、私がネイチャーガイドの学校へ通った時に衣食住を共にし、今、国際赤十字のコーディネイターとして社会貢献する親友ティーナが加わった。この会が、終わる時にその空間は、とても暖かく、大きな優しさに包まれていた。多くの人が、涙を流していていたが、その涙の祈りを必ず、私達の主は聞いて下さると信じている。私達は、それぞれに与えられた使命があり、その使命は、主につながって出会っていく時に開花していく・・・「あなたは、私の目に高価で尊い、私はあなたを愛する」そこに神の国が現れ、私達は、日常生活の中で、どんな時にあっても共に神を賛美し礼拝するようになる。
c0197842_19304518.jpg

生きておられる神様に感謝して!
[PR]

# by takukafi | 2013-02-09 00:49 | Happening  

Vol 6

c0197842_16143069.jpg
c0197842_16194925.jpg
c0197842_16224339.jpg
c0197842_16275352.jpg
c0197842_16292460.jpg

[PR]

# by takukafi | 2012-12-20 00:00 | News Letter  

サンタプロジェクト・・・東日本大震災の記憶を消さないために・・・・

東日本大震災の記憶を消さないで!という趣旨のもと関東学院大学、伊藤玄二郎ゼミ奈を中心とした、大学生ボランティア総勢40名と被災地報告の中高生、ロヴァニエミのベルカント合唱団、ラップランド・ヂュオ サイラ&エリナ、そしてサンタクロースで、南は沖縄、北は釜石まで、「サンタ・プロジェクト」とだして2週間の旅をしました。

c0197842_20412687.jpg


まずは、被災地から一番遠い沖縄へ・・・南国の自然の壮大さを目前に、第2次世界大戦・沖縄戦の跡糸満市を訪ねました。糸満市が掲げる市政目標は、「光、みどり、祈り」と市長からのメッセージがあり、ロヴァニエミ市も、極北の大自然の中にあり、第2次世界大戦で、廃墟となった街として、糸満の人達と共に参加者全員で、世界の恒久平和を祈りました。
c0197842_20453369.jpg


    那覇地元の民族舞踏団の人達とメンバーが、エイサーを練習中。
c0197842_20214642.jpg
c0197842_20342083.jpg

   戦争の悲しみは、エイサーを通して昇華され、命の尊厳の叫びとなります。

c0197842_20234265.jpg

           我朋友ベルカント・合唱団のでばん・・・
    歌声と共に聖夜クリスマスの愛と喜びが、会場を包みます。


2011年の釜石訪問にはなかった地元ガイドさんの案内は、本当に私達の心を打ちました。災害訓練に少しでも多くの人が来てくれるようにと町の中心で人々の参加しやすい所で行ったことが、あだとなって・・・多くの人の命が、失われました。私達の人生で、目的と手段を逆転させてしまう事は、本当に大切な命を失うことになってしまう事を痛感しました。 私達、一人一人が、自分の人生にとって「何が本当に大切なものなのか?」を問いただす時に日本は来ていると思いました。災害に会われた方の心の傷が、少しでも癒されますよう!
そして、希望を見出すことができますよう祈ります。
c0197842_20354850.jpg


宝来館のおかみさんが、Youチューブに津波にのまれる瞬間がアップされているが、私が、初めて2011年に釜石を訪れる前に色々な情報を収集している際にその録画を見た。まさか、その当事者にお会いするとは予期もしていなかった。最初の滞在のメッセージが、凄かった・・・「本当の人間の強さとは、一番弱い人間に寄り添う者の姿です。多くの日本人の若者たちが、ここへ来てくれて事実を見て、体験して、感じて帰ってくれること・・・そして、それぞれの人生のうちにその経験を生かしていってほしいと・・・ Jesusが、神でありながらも一番弱い、社会からさげすまされ、見放された人々のところへ来て、その十字架で全ての咎、病をにない、私達に永遠の命とこの世の終わりまで共にいると言ったその愛がどうか届きますよう!
c0197842_20372819.jpg


釜石の悲劇は、世界最強の防波堤があるという自負心、安心感が被害を大きくしたとガイドさん、おかみさんが口をそろえていっていた。人間に絶対はない・・・と・・・宝来館の前の海辺は、この日とても穏やかで美しく輝いていました。あの日何事もなかったかのように・・・・
c0197842_2129231.jpg

[PR]

# by takukafi | 2012-12-06 13:00 | Mission Trip