カテゴリ:Happening( 10 )

 

初めてのOVMCキャンプ

c0197842_3335864.jpg

今年は、かねてから教会のメンバーのリクエストのあった「マレッジコース」という結婚セミナーキャンプを私達の敬愛するあぶさん夫妻を日本からお招きして開いた。メンバーは、最初半信半疑であった、誰が夫婦のセミナー中子供達を面倒見るのか・・・ 教会7つの本質・・・ 1、関係 日頃から彼女の子供達とは、私は関係作りをしている。お泊り会やお誕生日会など、子供のいない私にとっては、本当に仕える事によって、彼らが主のものとして成長していくのを楽しみにしている。そんなわけで、大人は、「マレッジ・キャンプ」子供は、「キッズ・キャンプ」となった。

c0197842_3532519.jpg

このマレッジ・キャンプの特徴は、二人でたくさんの話し合いの時、また、エンジェル隊といって、おいしいお菓子を用意する奉仕隊が特別につく事だ。人は、イエス様の愛を人を通して受ける必要がある。特に子育てが、はじまって忙しくなると子育てのせいにして、本来向き合うべきことに向き合わなくなってしまい、イエス様がいたとしても、イエス様と夫婦で交わる事が乏しくなるそういうカップルが沢山いる。今回、姉妹が特に希望したのは、とても親しかった信仰者のフィンランド人カップルが、離婚していくという事を目の当たりにして、何か自分たちにもできないだろうか?という思いが与えられ、まずは、自分たち夫婦からリトリートというわけでキャンプに挑んだ。

私達の教会コミットをしているメンバーは、片手で数えるくらいしかいないが、しかし、神の家族と言える仲間達を神様が用意して下さり、エンジェル隊は、なんとケニア人のトーマスとカメルーン人のアベルが、そして、旅人で、我が家に数週間滞在した春ちゃんが、元栄養士という事で、お茶の時間のお菓子作りと子供キャンプの奉仕をしてくれた! 春ちゃんは、「いつ台所へ行っても、アベルが立っているだけで、トーマスばかりが料理をしているけど、なんで手伝わないのですか? かわいそうでね~」と私にコメントしてきた。しかし、私は、「きっと、それぞれの得意、不得意があって、役割を分担したのではないかな?」二人が、お互いに納得しあって決めた事ならば、それはそれでいいのではない?」というと不思議な顔をしていた。実際にトーマスは、人前に出るのが嫌で、お料理を運んだり給仕をするのは嫌だと・・アベルは、その点、いつも笑顔を絶やさないスマイリー・ガイなので、それぞれの役割は決まっていたようだ。いずれにせよ、本当に天パパは、必要なことをすべて整えてくれる。 感謝!

c0197842_343335.jpg


尚、一方子供キャンプのエンジェル隊は、OVMC若手ホープの健ちゃん。日本でのチャーチスクールでの体験を生かして、小学生のバイブルスタディーや子供達待望の宝探しを準備リードしてくれました。人生の進路を決めていく時期でもあり良い経験になったとキャンプ後のコメントには達成感のような喜びがありました。人は、「うくるより、あたうるが幸いなり」とイエス様がおっしゃいましたが、どんな能力、技術があるかで、人の価値が図られる現代において、自分の存在が、誰かに仕える事で喜びとなるという事を若いうちから知る事は、とても大切な事だと思います。
c0197842_193543.jpg

また、もう一人の強力な助っ人は、やはり日本からボランティア研修で一年滞在中の真奈美ちゃん。5月のゴスペルコンサートも共に楽しみ、キャンプのお手伝いもお願いしたところ快く引き受けてくれました。真奈美ちゃんは、子供達のお願いをなんでもかなえてくれる優しいお姉さん。特に幼児たちの大好きなお姉さんですが、ハイキングにでかけた帰り道、歩けないという子供をおぶって連れて帰ってきてくれ、本当に感謝でした。
c0197842_1114339.jpg

[PR]

by takukafi | 2013-06-12 21:24 | Happening  

Rejoice in the Lord!!

c0197842_2031581.jpg

       ハレルヤ! ついに3年越しの願いがかないました~~

2010年スペイン・キリスト者の集いでのゴスペルワークショップのあの感動をもう一度と願い、待ち続けたその時を父なる神様が、かなえてくださいました。 

さあ、主をほめたたえよ。主のすべてのしもべたち、夜ごとに主の家で仕える者たちよ。聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。
天地を造られた主がシオンからあなたを祝福されるように。  詩編134


事のおこりは、2007年2月ロシアへの短期宣教がきっかけだった。その時に出会ったある牧師と同じヴィジョンを共有した。「北極から主に賛美を捧げ、天を開きその祝福を地球に流す。その祝福は、エルサレムへと流れる」というものだ・・・私は、賛美が大好きだが、自分で奏楽はできないし、この壮大なヴィジョンを素晴らしいな~とは思ったが、現実的になにをどうしようという思いにはならなかった。そして2010年、スペインでの集い「ゴスペル・ワークショップ」の感動を冷めやらぬまま・・・あのヴィジョンを思い出した。しかし、私達北極圏に暮らす日本人は、かなり少ない・・・無理だ。 神様、無理ですね~と言ったとたんに、「いや 日本人である必要はない。英語での賛美だから・・」このロヴァニエミは、人口6万人、サンタクロース村で知られる観光都市だが、様々な人種が暮らしている。そうか・・・英語で賛美だから大丈夫・・・と思った。

c0197842_2048614.jpg
このスペインでの集いの祝福はそれだけではない、この感動をシェアリングると同時に祈り会が始まった。
神様は、凄い方だ・・・こうして、全てを備えられる。そして、昨年2012年、スペインのゴスペル・チームが小夜さんを招待したいという話があり、それに便乗しないか?という提案が持ち上がった。便乗したい気持ちは、200%しかし、教会のメンバーは少ないし、そんな予算はどこにもないし・・・あ~~神様と祈った。

そして、クリスマスの25日 Holly Messuという英語の礼拝に聖書朗読の奉仕者として呼ばれた。そこで、初めてであった牧師がサリであった。素晴らしい英語での独唱賛美に・・あ~神様が、やはりここで賛美w求められている。と礼拝後にサリに相談を持ちかけた。即答で・・・手伝うよ!と言ってくれた。
そして、更に今年に入り、近郊の村でマレーシア、タスマニア、ニュージーランドからの賛美チームが訪れて、賛美集会があった。 やはり神様は、この地で賛美をされるように私以外の人達にも呼びかけていらっしゃると確信した。 しかし、実際の具体的な段取りを聞くうちに、やはり現実的に人材、経済どうみても、無理だという思いが襲ってきた。そして、あきらめようと決意した祈り会の中で主は、語られた。「互いに愛し合いなさい」
と・・そして、コアとなるメンバーが、不思議な形で集められ、3月練習がスタートした。

c0197842_20402494.jpg
正にAll Nations... アフリカ、フィンランド、オーストリアン、ジャパニーズ、ロシアン・・・一瞬 イランのメンバーも加わった。でも英語ができないと言ってやめてしまった・・・ これが、一筋縄ではいかなかった。 しかし、神様は、一人一人ユニークで高価な異なる存在を集めて整えられる。何度か、「もうダメかな~」と思う時があったが、しかしイエス様ご自身が、愛を示され、臨在され、賛美される方なので、それが消滅するわけがない。暗闇は、なんどもこれを阻止しようと、兄弟姉妹の間に入り込もうとした。しかし、主はいつも破れ口に立つものをおかれた。中でも、このワークショップと収穫祭の主旨が、なかなか伝わらないところに苦労した。

しかし、いつも主を見上げれば、そこに賛美が生まれる。御霊が、悔い改めと愛を与えてくださる。いったい最終的に、何人の人が集まるのか全く読めない状態でスタートしたが、以前、ブラジルのスラムで奉仕をしていた親友が南からかけつけ、また、私達の教会の愛するが姉妹が、日本へ帰国することになり、そのお別れ会をかねて、ヘルシンキから友人たちが駆けつけてくれた。

c0197842_2051599.jpg
c0197842_20522776.jpg
c0197842_2053952.jpg


教会でのコンサートだけでなく、アウトリーチ、また礼拝での賛美に用いられた。これも、願い祈り求めてきた事だが、全てを自分たちでオーガナイズするのは、大変な事だが、神様は凄い!アウトリーチは、救世軍のアウトリーチに参加させて頂き、礼拝特別賛美は、ルーテルの「トーマス・メッズ」でさせて頂いた。この時は、ソプラノが、一人もいないという大ピンチであったが、メグさんや急きょアルトのメンバーがソプラノへ、またその娘さんが練習に来ていて賛美を口ずさむことができたので飛び入りの参加になった。
ハレルヤ・コーラスが始まると神様の臨在よろこび きよさが、そこに現れ、多くの人が席を自然に立ち、賛美を始めた。こんな光景は、今まで見たことがなかったが・・・それは、まさに私達の力ではなくて、神様がご自身が、かけだらけの器である私達を用いて、その栄光を現して下さった瞬間だった。

c0197842_2131582.jpg

c0197842_214146.jpg

c0197842_2144233.jpg
c0197842_2153131.jpg


私達は、今「教会の7つの本質」を学んでいる。 何がなくても日頃からの関係重視、2番目は、誰もが高価で尊い存在として参加できること、そして3晩目は、その一人一人が主への献身を持って、仲間のうちで整えられていく事、4番目は、何がなんでもイエス様中心である事。つまり、プログラム中心だったり、教会中心だったり、リーダー中心だったりすると何かがぎくしゃくする。そして、神様の心である5、伝道。救いへ人々を導く、そのためには、6、多くのキリストの体、教会とつながる事・・・また、適応可能な構造が7つ目に大切な事である。

この本質を適応しながら、今回の賛美集会の立て上げを意識してみた。ルーテル教会の建物が、ワークショップ・コンサートに用いられ、アドベント教会は、私達の練習のために場所を提供してくれた。ある兄弟は、PAを担当し、ある姉妹は、宣伝広告を担当した。さて、この賛美集会の目に見える祝福は、一人の日本人姉妹が、救われた事だ。そして、このクワイヤーが細々ながら続いている事だ・・・イヴェントとして終わるのではなく、私達の人生と教会成長につながっていくことを祈るばかりだ。 栄光在主 
[PR]

by takukafi | 2013-05-25 19:48 | Happening  

東日本震災を覚えて・・・ サンタ・プロジェクト報告・

c0197842_18512380.jpg


まもなく2011年の東北震災から3年目を覚える日がやってくる。そこで、私達は、被災した方々を覚えて、仲間たちと小さな集まりを持った。2011年から、サンタ・プロジェクトに参加しているが、フィンランド人の仲間たちとその旅の感想、体験を分かち合い、そして小さな祈りをささげることを目的としている。
c0197842_18524456.jpg

今年で2回目だが、今回は、ロヴァニエミ市長のエスコ氏もプライベートな時間を割いて参加してくれた。いつも素敵な歌声を聞かせてくれるベルカントの仲間達は、風邪をひいたり、家族の用事で参加できなかった人が多かった。このプロジェクトは、ロヴァニエミ市が協賛という形をとっているが、皆、被災地へ訪れるメンバーは、仕事を休んで犠牲を払っての参加である。市長は、公務という事になるが・・・それにしても、気負うことなく、気さくなエスコだが、今回の日本ツアー、またこの会のスピーチを通訳するたびに感じるのは、彼には心があるという事。言葉が、単なる社交辞令ではなく、自身の心から発せられていると感じる事だ・・・
私達は、この数年、教会の本質を学んでいるが・・・「あなた自身が、教会・・・だから、あなたの関係する人々と、主にある信頼関係をきずき、その場所を教会(神の家族)コミュニティーとしない」と教わり、これを目指している。そういうわけで、私は、この集まりが、単なる社交辞令やイベントに終わらず、心から東北の痛み、悲しみ、喜びを分かち合える時とし、また出会いつながり、神の家族が広がっていく事を願い祈り備えてきた。
c0197842_18564544.jpg

そんな中、今回は主が、特別なゲストを送って下さった。ベルリンから、広津梓さん(旧姓:中岡)が、ご主人の孝平さんと一緒に参加してくれた。彼らは、新婚旅行に北極圏を訪れたいというわけで、このカーモスという一番、寒くて暗い時期にこの地を訪れたが・・・まさか、ここで歌を披露し、孝平さん自身の被災体験を語る事になろうとは、誰も考えていなかったと思う。梓さんとの出会いは、欧州の集いで同室になったことか切っ掛けだが、年齢も違う私達の距離が一気に近くなったのは、彼女の出身大学が、私の出身高校の近くだったというたわいもないことからだ・・・
c0197842_1925182.jpg

また、私達は、フィンランドに1年間の留学やインターシップで在住する日本人の仲間達にイエス様を知ってもらいたくて、よく集まるが・・・その仲間達も集まってくれた。特に千葉大学の山田早紀さんが、梓さんの伴奏をしてくれた。しかも、事前の練習は、ほんの1時間という中で・・・私達の教会の中には、奏楽者がいない・・祈り求めているが・・・しかし、神様は、凄い! こうして本当に必要な時に必要な人を備えて下さっていた。また、食事の用意も信仰の家族が、力を合わせてその準備をし、留学中の仲間達は、宴席の準備とかたずけを手伝ってくれた。そして、私がネイチャーガイドの学校へ通った時に衣食住を共にし、今、国際赤十字のコーディネイターとして社会貢献する親友ティーナが加わった。この会が、終わる時にその空間は、とても暖かく、大きな優しさに包まれていた。多くの人が、涙を流していていたが、その涙の祈りを必ず、私達の主は聞いて下さると信じている。私達は、それぞれに与えられた使命があり、その使命は、主につながって出会っていく時に開花していく・・・「あなたは、私の目に高価で尊い、私はあなたを愛する」そこに神の国が現れ、私達は、日常生活の中で、どんな時にあっても共に神を賛美し礼拝するようになる。
c0197842_19304518.jpg

生きておられる神様に感謝して!
[PR]

by takukafi | 2013-02-09 00:49 | Happening  

極寒のさよならBBQパーティー

c0197842_7262294.jpg


2011年3月から、インターシップ・プログラムという海外研修プログラムを通して、日本の文化をフィンランドの子供達に伝えるボランティアとして、ここに滞在されていた幼稚園、小学校、中学校、高校の先生方が、いよいよその任期を終えて、日本へ帰国される日が近づきました。日本での震災があった直後にフィンランドに到着され、被災地のためになにかできないだろうかという思いが、ここで暮らす私達の絆をより一層深く結びつけました。4月イースターの吉村美穂さんのチャリティーコンサートに始まり、私の夏の被災地ボランティア報告、そして、11月のクリスマス・チャリティーのイベントと継続的に被災地への思いを形にしてきた一年でした。

c0197842_7235492.jpg


私達は、この北極の地へ神様が送られてくる人たちとの出会いをとても楽しみにしています。おひとり、おひとりが、とても多才でユニークで、そのタラントを思う存分に発揮してくださいました。そして、またフィンランド人やフィンランド社会との出会いを通して、キリスト教を土台とした世界を体験をされ日本にはない豊かさを感じとられた事と信じます。イエス・キリストという神と人との関係を回復された方を私達が、主としてあがめ従う時、主が、神と人、人と人の隔ての壁を破るものとして私達を用いて下さるという特権に預かる恵みを受けていることを感謝します。

c0197842_7315029.jpg


これらのイベントに限らず、日常生活の中で互いに必要としている物事を、分かち合い助けあう、そんな小さな共同体のようなものが出来上がってきたのも嬉しいことでした。共に生活する中で、少しでも主イエスキリストの香がただよい、主の救いが出会った人々の上に注がれんことを祈ります。そんなわけで、このお別れパーティーは格別なものがありましたが、涙の別れというよりも、爆笑にあふれ再会を約束する新しい門出のパーティーとなりました。ちなみに、この週は、マイナス20度を超える世界が2週間近くも続き、その中でバルコニーでバーベキューという初の試みでしたが、肉焼き当番をしてくれたJさんは、翌日から高熱を出してダウンとなりました。 ちょっと無謀だったかも・・・・
c0197842_84016.jpg

[PR]

by takukafi | 2012-02-18 00:00 | Happening  

母教会でのクリスマス礼拝 

私達の母教会は、四国、さぬき市にある。今年からスタートしたサンタ・プロジェクト(サンタやフィンランド人コーラスとともに被災地を巡り、子供達を励ます事を目的としたもの)のために日本への帰国が決まったが、その機会を利用して母教会のクリスマス礼拝に集う事が出来た。

c0197842_1356328.jpg


チャペルに暗幕が張られ、舞台が設営され芝居小屋と化した。登場人物も裏方もほとんどの教会メンバーが参加し、様々な創意工夫がなされたとてもユニークな礼拝だった。ここでその様子の一部を紹介します。

c0197842_1358127.jpg

            ヘロデ王とその悪の力に縛られてかしずく女奴隷


c0197842_1453953.jpg

         マリアにイエス様の誕生を告げる御使い  ハンドベル賛美

c0197842_1428723.jpg

                星に導かれる東方の博士たち     

c0197842_14574652.jpg
             
             ヘロデ王のところへやってきた3人の賢者

c0197842_1535689.jpg

            ヘロデ王の召使いから接待を受ける東方の博士たち

c0197842_14104041.jpg

          ちゃんちゃんこを着たイエス様の誕生とその母マリア・父ヨセフ

c0197842_14141384.jpg

             救い主の誕生をほめたたえる  まちびと達


そして・・・タイムトリップをして現代へ・・・          

プレイズ&ワーシップタイム

メッセージ 水村 光義 題名: 「上を向いて歩こう 」  

聖書箇所 : マタイ 2:1~12 (p、2)

暗唱聖句 : マタイ 2:11 

         『そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、
          宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。』

適用 :    ①人生の巡礼は終わりましたか?            
         ②日々主を仰いで礼拝の生活を続けましょう

c0197842_14151145.jpg


何がすごかった~て・・・

誰一人お客さんがいなかった事
皆が、もてる賜物を捧げた事・・・そして、
イエス様を知らない人も参加できた事
すべてが手作りで・・感動した! 

これって、「7つの教会の本質」 
1、関係、 2、参加 3、能力付与 
4、イエス中心 5、伝道増殖 
6、ネットワーク 7、適応可能な構造

を実践した結果なんだろうな~ 
体験型学習者の私には良い学びでした。

ハレルヤ!
[PR]

by takukafi | 2011-12-25 10:00 | Happening  

Jipii in Rovaniemi

フィンランドでは、イッピー・ジャパン発足以来、各地で日本執りなしのためのコンサートが行われており、北極圏の州都、ロヴァニエミでも「イッピー・ジャパン コンサート」が催されました。そこでは、フィンランド人のイッピーの子ども達がフィンランド語と日本語で賛美をささげました。また私たちのメンバー平崎姉妹が、日本の文化・社会についての紹介をする中、東日本大震災への祈りが捧げられました。イッピー・ ジャパンでは、来秋を目標に2枚目のCDを制作し、各家庭に福音を伝えるツールとして「YATTAA」ミュージック・ビデオの制作を8月よりスタートします。日本各地で、子ども賛美チームがたてあげられ、主の栄光が輝きますよう引き続きお祈り下さい。
c0197842_2564131.jpg


c0197842_35642.jpg


c0197842_310577.jpg

[PR]

by takukafi | 2011-05-01 02:51 | Happening  

東日本大震災 チャリティー コンサート

c0197842_1455043.jpg


暗い寒い冬が開け、春が訪れましたが、皆さんの心には春の日差しのぬくもりと喜びが溢れていますか?

日本からクリスチャン・シンガー吉村美穂、ピアニスト柳沢ひかるがラップランドへ、主イエスキリストの十字架の愛と復活の喜びを携えてやって来ます。このコンサートが決まったのは、昨年の11月、その時点で私達は、3月11日の東日本大震災があるとは全く想像もしていませんでした。今、日本は、悲しみの内に沈んでいます。

いえ、今、私達だけではなく世界中で起きている天災や内戦など多くの悲しみが世界を覆っています。そのような状況であるからこそ、私達は、「この世を創造された神が、その一人子イエスキリストを与えるほど、世を愛され、イエスキリストを信じる者が、一人として滅びることなく、永遠の命を持つ」という約束を信じ、皆さんと共に「棕櫚の聖日」に神様の最初の愛を覚え、世界の平安と祝福の為にこのコンサートを捧げたいと願います。ご家族、お友達お誘い合わせのうえ、お越しください。

憐れみ深い神様の臨在が、私達の悲しみや苦しみを必ず、喜びへと変えて下さる事を信じ、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
[PR]

by takukafi | 2011-04-19 14:49 | Happening  

第26回 欧州キリスト者の集い


[PR]

by takukafi | 2009-08-05 03:27 | Happening  

第26回 欧州キリスト者の集い


[PR]

by takukafi | 2009-08-05 03:10 | Happening  

寿司レッスン

フィンランドでは、今、チョットした寿司ブーム。陽ちゃんと保育園のクリスマス・バザーで寿司パックを販売した。そこに私達と一緒に寿司づくりをしませんか?という小さなメッセージを付けたところ、おばあちゃんのお誕生日にお寿司を出前して欲しいという注文があり、、その後に寿司づくりを教えてほしいと・・・・

c0197842_349412.jpg


More
[PR]

by takukafi | 2009-02-15 17:00 | Happening